« ホンダF1撤退 | トップページ | エクレストン氏、「ホンダが援助を断った」 »

ホンダ・チーム存続の黒幕はエクレストン氏?

ホンダ・チームの売却先については依然として明らかでなく、噂ばかりが一人歩きしているが、英『タイムズ』紙などによればFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン氏がその背景にあるのでは、との見方が出始めているようだ。
B.Ecclestone & F.Briatore (C)Renault F1 UK
拡大します
というのも、FOMがテレビ放映権やグランプリ主催者に対し『最低20台の出走を保証している』という話が依然として根強いことからだ。
もしホンダ・チームが消滅した場合2009年のグリッドは最大でも9チーム18台に留まることになり、このためにもホンダ・チームの救済にエクレストン氏が奔走しているというものだ。

英国の長者番付の常連であるエクレストン氏の財力によれば、ホンダ・チームの当座の救済は可能であろうが、公正中立であるべきFOMの代表が特定チームと関係を持つことの是非が指摘されることもあり、当人はこれについてコメントしていない。

Fmotorsports F1

【可能性は十分ありますね。】

現在

レッドクリフ応援中 F1ブログ





|

« ホンダF1撤退 | トップページ | エクレストン氏、「ホンダが援助を断った」 »

F1」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ・チーム存続の黒幕はエクレストン氏?:

« ホンダF1撤退 | トップページ | エクレストン氏、「ホンダが援助を断った」 »