« 『2007総括Vol.7』チャレンジが仇となったホンダ | トップページ | バレンシアでも大工事 »

優勝に近いマッサ

一去年のシーズンオフのテストにおいて完全に故意だろうが、必殺の最速アタックを連発し、シリーズにおいてタイトル争いの中心に位置していたマッサだが、今年のシリーズで優勝を果たすためには眼前の敵である僚友のライコネンを撥ね退けなければ優勝は見えてこないだろう。

ライコネンは2007年ワールドチャンピオンであり、既にチーム内から一定評価およびサポート体制を築いたと言える。またブリヂストンタイヤにも完全に順応したと思われるとともに、ドライビングのセンスは非凡なものを持っている。

フェラーリが08シリーズにおいて優位に争いを進めていくことは概ね予想できるが、マッサが優勝するには、トラクションコントロールが無い状態で如何にしてタイヤを使いこなすことが出来るかどうかがポイントとなって来る。マッサに対してもチームは万全のサポートをするだろうが、接触が許されないのがフェラーリ。
最終的にはドライビングのセンス、テクニックが優勝出来るかどうかの大きな鍵となるだろう。

マクラーレンはフェラーリの技術情報を流用するという、完全なレギュレーション違反を犯している以上、フェラーリに対して苦戦することが予想されるが、その当たりを技術陣がどうバックアップできるかどうかが問われるシーズンになりそうだ。

マクラーレンに対する怒りが収まらないフェラーリF1ブログ風林火山

いずれにせよ、テストにおいてフェラーリ・マクラーレン・BMW・ルノーなどトップチームで必殺の最速アッタックを連発できるチームが今年も優位に立つことは間違いないだろう。

注意するのはやはり三味線、ルノー当たりは少し怪しいと言える。

果たしてテストタイムはどうなるのだろうか。

|

« 『2007総括Vol.7』チャレンジが仇となったホンダ | トップページ | バレンシアでも大工事 »

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/94137/9682054

この記事へのトラックバック一覧です: 優勝に近いマッサ:

« 『2007総括Vol.7』チャレンジが仇となったホンダ | トップページ | バレンシアでも大工事 »