« 2006年9月10日 - 2006年9月16日 | トップページ | 2007年5月27日 - 2007年6月2日 »

モンテイロがスパイカーとの決別を語る

GPUpdate.netはティエゴ・モンテイロに単独インタビューを行った。彼はこの中で、スパイカーとなぜうまくいかなくなったのか、なぜ今シーズンF1で走らないのか、そして彼がどうやってF1に戻ってこようと考えているのか、ということについて明らかにしている。一方で彼は現在WTCCにセアトから参戦し、レースの感覚を磨いている。

[GPupdate.NET]


一人のドライバーがチームを離れるとき、チーム離脱後にあらゆる制約を通達される場合があるが、元F1ドライバーのティアゴ・モンテイロがスパイカーに関して現況を語ってくれている。

このモンテイロの発言、昨今のF1チームに投げかけるという上ではかなり貴重な発言と言っても過言ではないだろう。

ティアゴ・モンテイロは2005年第9戦、アメリカGPの前代末聞の大騒動(出走6台ではあるが)においてフェラーリのミハエル・シューマッハ、ルベーンス・バリチェロについで、3位入賞を果たしているドライバーだ。

マイク・ガスコインが加わわり、日々改良を行っているスパイカーだがコリン・コルズは今のところカスタマ・シャシー問題を追求するのが目立つばかりであり、内部の状況に関して多くを語ろうとはしていない。スパイカーのレースパフォーマンス向上においては大いに疑問符が付いて回る一方である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月10日 - 2006年9月16日 | トップページ | 2007年5月27日 - 2007年6月2日 »