« モンテイロがスパイカーとの決別を語る | トップページ | 『2007総括Vol.7』チャレンジが仇となったホンダ »

〔F1〕モナコGP予選

F1ブログ風林火山は本日休日。更新間隔が開きすぎる為、こちらのブログで記事を書きます。

このところチームのハミルトンに水を開けられた間が有ったマクラーレンのアロンソだったが、木曜フリー走行から果敢な走りを披露し、予選ではクリアとなったコースをものにし、会心のアタックでポール。
これに対し対照的だったのが僚友ハミルトン、クリアなコースをものにできず、2番手に甘んじた。

フェラーリはロングホイールベースが祟ったのか、マッサが辛うじて3番手に飛び込んだ。僚友ライコネンは右フロントタイヤをバリアにヒットさせ、Q2で無念の脱落となった。

自慢のエンジンの低速トルク、コーナリングマシンの特性をモンテカルロで生かしルノーのフィジケラが4番手に入っている。

燃費が悪いとされるBMWは燃料が重めなのか、ハイダウンフォースに無理があったのか、それにしてもここモンテカルロで順位を大きく落としている。

ホンダが良い結果を叩き出しているが、本物かどうかは燃料の搭載量によるだろう。

ポールシッター:フェルナンド・アロンソ

結果

1 F・アロンソ マクラーレン 1:15.726
2 L・ハミルトン マクラーレン 1:15.905
3 F・マッサ フェラーリ 1:15.967
4 G・フィジケラ ルノー 1:16.285
5 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:16.439
6 M・ウェーバー レッドブル 1:16.784
7 N・ハイドフェルド BMW 1:16.832
8 R・クビサ BMW 1:16.955
9 R・バリチェロ ホンダ 1:17.498
10 J・バトン ホンダ 1:17.939
11 A・ブルツ ウィリアムズ 1:16.662
12 V・リウッツィ トロロッソ 1:16.703
13 J・トゥルーリ トヨタ 1:16.988
14 H・コヴァライネン ルノー 1:17.125
15 K・ライコネン フェラーリ no time
16 D・クルサード レッドブル no time
17 A・デビッドソン スーパー アグリ 1:18.250
18 S・スピード トロロッソ 1:18.390
19 A・スーティル スパイカー 1:18.418
20 R・シューマッハ トヨタ 1:18.539
21 佐藤 琢磨 スーパー アグリ 1:18.554
22 C・アルバース スパイカー no time

リザルト提供元【GPUpdateNet】 リザルトのリンク先は有りません。

ペナルティ:クルサード(順位降格によりPos.16)

|

« モンテイロがスパイカーとの決別を語る | トップページ | 『2007総括Vol.7』チャレンジが仇となったホンダ »

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/94137/6562956

この記事へのトラックバック一覧です: 〔F1〕モナコGP予選:

« モンテイロがスパイカーとの決別を語る | トップページ | 『2007総括Vol.7』チャレンジが仇となったホンダ »