« ドイツGP予選 ライコネンがポール! | トップページ | SA06 次戦ハンガリーGPへ »

FIA独裁都合主義

Fia_03_1 リヤウィングのレギュレーション違反により、ドイツGPのリザルトを剥奪された『ミッドランドF1レーシング』は、控訴することなくこの処分を受け入れることを明らかにした。

実際問題、昨シーズン、ホンダ・チームのマシンの燃料タンクが違反と判断された際には3-5位という入賞が取り消されたばかりか、続く2戦の出場停止という厳しい処分だったのに比べ、今回のミッドランドは元々13-14位でポイントにも何ら影響がないことから考えると超寛大な処分としか考えられないものだ。
ましてやフェラーリのフロントウィングについては処分すらされず、警告だけに留まっている。

少し冷静に考えて見るとFIAが如何にお粗末かということが・・・

今度はミッドランドのリヤウィング・・・ レース展開、チーム事情、金、その他もろもろの都合により処分を決定するFIA。 やれやれ・・・


|

« ドイツGP予選 ライコネンがポール! | トップページ | SA06 次戦ハンガリーGPへ »

F1」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FIA独裁都合主義:

« ドイツGP予選 ライコネンがポール! | トップページ | SA06 次戦ハンガリーGPへ »