« FIA独裁都合主義 | トップページ | ハンガリーGP決勝 バトンが初優勝! »

SA06 次戦ハンガリーGPへ

Sa06_06_1







(コメント抜粋)

佐藤琢磨

『今週チームは連戦でハンガリーへ向かっているが、クルマのパフォーマンスを向上させる為にハードで多くの作業も有る。個人的に出来るだけ早くクルマに乗り、レースをする事は良い事だと思う。ハンガロリンクは、ホッケンハイムとまったく異なり、多くの中低速コーナー、そしてハイダウンフォースが要求されるコース。 チームはハンガロリンク用の空力パッケージを持っていて、SA06の次のステップアップを見ることを楽しみにしている。うまくいけば、ドイツGPでの問題を解決することができると思う。この週末で進歩を是非確認したい。』

鈴木亜久理チーム代表

『ドイツGPは、新車SA06でのテスト走行の延長線上にあり、レースにおいて、琢磨のクルマである程度ロングランテストを成し遂げることが出来た。しかし、ハンガロリンクは数あるサーキットの中、まったくタイプの違うサーキット。 チームは現在新車の弱点を理解し、GP中にこの問題を解決しようとしている。ハンガロリンクでは予選で今までより良いグリッドを獲得する事、もちろんレースでもより良い結果を残したい。』

ドイツGPでは2台ともにリタイアに終わったSA06ですが、シェイクダウンされたばかりでやはり、まだテスト段階で有るようです。ミッドランドと比較した場合、申し分の無いペースでした。これからタイムが伸びて来る事は間違いので、まずはミッドランドとの争いに注目したい。

Honda-RA106の方もドイツGPを見た限り、組織改革が機能し始めたのか、F1でのスランプ期間は案外短いものでした。ハンガロリンクのコース特性は走行中、ステアリングさばきを絶えず要求されるコースであり、更なる進化をする為にも、走行距離を重ねる事がとにかく重要。


|

« FIA独裁都合主義 | トップページ | ハンガリーGP決勝 バトンが初優勝! »

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/94137/2911690

この記事へのトラックバック一覧です: SA06 次戦ハンガリーGPへ:

« FIA独裁都合主義 | トップページ | ハンガリーGP決勝 バトンが初優勝! »