« FIAはあくまで独裁都合主義! | トップページ | FIA独裁都合主義 »

ドイツGP予選 ライコネンがポール!

Maclaren_germany








メルセデスの地元ドイツでポールを獲得したのはマクラーレンのライコネン。

メルセデスの地元という事もあり燃料を軽くし、ポールを獲りにいった事が考えられますが、この所クルマの調子は上向いているだけに期待は出来そうです。ただ、同チーム、デ・ラ・ロサの9番手というのがやや気になるところ。

タイトル争いが注目されるフェラーリはミハエルが2番手、マッサが3番手とルノーの前に位置している事からアロンソ追撃には磐石の体制。ルノーは今までのパフォーマンスからしてマス・ダンパー禁止が大きく影響している感が有ります。


Honda_germany

Honda勢ではバリチェロが6番手と再びタイムシートの上位に。ヘレスでテストを重ねた新仕様のエンジン、そしてエアロパッケージの効果を初めて見る事が出来ました。実際に効果を確認するには、やはり決勝でのペース。









|

« FIAはあくまで独裁都合主義! | トップページ | FIA独裁都合主義 »

F1」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツGP予選 ライコネンがポール!:

« FIAはあくまで独裁都合主義! | トップページ | FIA独裁都合主義 »