« Honda F1 モンツァ テスト情報 2日目 | トップページ | カナダGP フリー走行1日目 »

Honda F1 モンツァ テスト情報 3日目

Ra106_mt_7 午前のセッションでバトンは今週のモンツァ最速タイムとなる1分22秒917を記録。合計136周(787km)走行した。バトンは、信頼性の高まったマシンで満足な走りを見せ、この日トップに立つタイムを記録した。

一方、ルーベンス・バリチェロは、マシンの駆動系に若干のトラブルが発生したため、午前の最初の1時間はガレージで待機した。その後コースに出たバリチェロは、マシンの全体的なセットアップを行い、合計89周(515km)走行した。
チームは、3日間で合計707周(4,094km)を走行し、全体的に手応えのあるテストを終えることができた。

モンツァ 合同テスト3日目 Time

1 J. Button (Honda ) 01:22.917
2 R. Kubica (BMW Sauber) 01:23.324
3 J. Villeneuve (BMW Sauber) 01:23.649
4 G. Fisichella (Renault) 01:23.795

5 R. Barrichello (Honda) 01:23.868
6 M. Webber (Williams) 01:23.922
7 H. Kovaleinen (Renault) 01:23.935
8 J. Trulli (Toyota) 01:24.044
9 N. Rosberg (Williams) 01:24.170
10 R. Schumacher (Toyota) 01:24.237
11 D. Coulthard (Red Bull ) 01:24.425
12 V. Liuzzi (Toro Rosso) 01:24.672
13 R. Doornbos (Red Bull) 01:25.080

※ ベストタイム及び周回数・マシン名はすべて非公式です。

マーク・エリス 車両性能チーフエンジニア(コメント抜粋)

『我々は、3日間のテストで非常に有益なテストを行うことができた。クルマには信頼性が有り、多くのラップ重ねることができ空力とセットアップ双方において前進した。そして、モントリオールとインディアナポリスで要求されるミディアムダウンフォースの解決に取り組んだ。また、ミシュランと共にに包括的なタイヤのテストプログラムを終え、2週連続で開催される北米GPにおいて必要とされるパフォーマンスの解決に満足している。』

テスト2日目の記事で紹介しましたが、Hondaの改革は組織・人員体制ともに本格的に行われており、次の北米2連戦において復活の足がかりを掴んで欲しいものです。

今回のテストではBMW・ザウバーが2台揃ってタイムシートの上に位置しており、好調であることが伺えます。



|

« Honda F1 モンツァ テスト情報 2日目 | トップページ | カナダGP フリー走行1日目 »

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/94137/2253376

この記事へのトラックバック一覧です: Honda F1 モンツァ テスト情報 3日目:

« Honda F1 モンツァ テスト情報 2日目 | トップページ | カナダGP フリー走行1日目 »