« Honda F1 モンツァ テスト情報 | トップページ | Honda F1 モンツァ テスト情報 3日目 »

Honda F1 モンツァ テスト情報 2日目

H_em_5テスト2日目も好天に恵まれたモンツァでは、ジェンソン・バトンがチームに合流し、RA106-06号車をテスト。アンソニー・デビッドソンは初日に引き続き、RA106-02号車のテストを行った。

デビットソンは、数週の慣らし走行の後、きれいになった路面で、カナダGPとアメリカGPに向けて、総合的な空力プログラムを行った。更に、数種類の車体セットアップを試して、午前のセッションを終了した。デビッドソンはトラブルフリーで57周を走行。バトンも午前中に空力の開発プログラムをこなし、47周を走行した。

午後からはバトンとデビッドソンは同時に、インディアナポリスに照準を合わせたミシュランタイヤの評価プログラムを行った。デビッドソンは合計120周を走行。バトンはセッションの終了間際にエンジントラブルに見舞われたが、合計117周を走行した。

明日はルーベンス・バリチェロがチームに合流。バトンとともに、ミディアムダウンフォースに対応したセットアップを中心にテストを進める予定である。

この日トップタイム(1'22.878)をマークしたのは好調BMW・ザウバーのジャック・ヴィルヌーヴ。

※ タイム及び周回数・マシン名はすべて非公式です。

_03 不振に喘いでいるHondaの改革がいよいよ始まった。テクニカル・ディレクターのジェフ・ウィリスはレースへ帯同せず、完成した新しい風洞でクルマ開発に専念するためイギリスのブラックリーに留まり、カナダGPでは新しい風洞でテストされたオプションが投入される。更にGP週末のタイヤ選択において、ルノー、マクラーレンと歩調を合わせていたが、 Honda独自でタイヤ選択を行うことになったようだ。



|

« Honda F1 モンツァ テスト情報 | トップページ | Honda F1 モンツァ テスト情報 3日目 »

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/94137/2236687

この記事へのトラックバック一覧です: Honda F1 モンツァ テスト情報 2日目:

« Honda F1 モンツァ テスト情報 | トップページ | Honda F1 モンツァ テスト情報 3日目 »